タラバガニは美味しいですが、産地直送のたらば蟹はさらに絶品です!インターネットの通販サイトを活用することで、わけありのたらばがにを激安でお取り寄せすることも可能です。美味しいカニをGETしよう!

たらば蟹が美味しいと人気のカニ通販サイトBEST3
1位: テレビやラジオでも多数紹介!かに本舗
2位: 北海道より新鮮直送 北のグルメ便
3位: 北海道のカニは絶品!浜街道

タラバガニ通販Q&Aタラバガニを美味しく食べるコツを知りたい!

テスト

皆さんはどんな食べ方をしていますか?

たらば蟹は、ボイルして商品化されている場合と、生でそのままお届けする場合があります。どちらを注文したかにより、食べ方も違っています。たらば蟹と言えば蟹しゃぶ、蟹ステーキなどが思いつきます。

たらば蟹を販売している通販サイトでも、蟹しゃぶにしたり、蟹ステーキにしたりする画像が大きく紹介されているので、そそられますよね。しかし、蟹しゃぶ、蟹ステーキに適しているのは、生の蟹の場合だけです。

ボイルしてある蟹は、すでにゆでてあるので、冷蔵庫で解凍して、そのまま食べるために商品化されてあります。これを、鍋に入れて加熱すると、身がぼそぼそになってしまいます。一度茹でたものを再加熱するためです。せっかく買ったたらば蟹が、ぷりぷりの食感ではなく、ぼそぼそになってしまいます。

これは、悲しいです。ボイルして商品化されているたらば蟹は、そのまま食べられるように、塩味が付いていることが多いのも特長といえますが、すでに塩味が付いているボイル蟹を鍋に入れると、スープの塩味がさらに強まって、しょっぱくなってしまうこともあるのです。

ボイル蟹を買ったら、そのまま食べるのが一番です。

生のたらば蟹を購入した場合は、蟹しゃぶでも、蟹ステーキでも、好きに料理できます。ぷりぷりの食感と、口の中に広がる甘みを楽しむことができます。蟹しゃぶをした後の、蟹雑炊も楽しみですね。 
価格でいうと、ボイル蟹よりも生の蟹の方が、高めになっているようです。

たらば蟹を食べるときは、調理方法に気をつけないといけません。その商品が、どのように加工されているかによって、適する食べ方が違っていきます。たらば蟹は、通販サイトで販売されているものを買うのがおすすめです。

通販で購入すると、インターネット特価として、激安価格で販売されていることが多いからです。通販では、高級ホテルやレストランに納めている、一級品のたらば蟹を見つけることもできます。

おいしいものを自宅まで届ける、お取り寄せサイトが、多く開設されています。かに 通販サイトごとに特色が違うので、いろいろ比較検討してみましょう。

大容量で販売されているのも、通販サイトのいいところです。購入者が自分で持ち帰るのではなく、配送業者が自宅まで運んでくれるので、大容量にしても負担になりません。たらば蟹脚1.5kg、たらば蟹ポーション1kgなど、大容量のセットを購入することができます。

たくさんあるので、いろいろな料理に使いたくなりますね。

たらば蟹の通販は、ボイル後にパッケージングして販売されている場合、生で冷凍して販売されている場合、あるいは生で冷蔵で販売されている場合があります。それぞれ、適する食べ方があります。

ボイルしてある脚は、冷蔵庫で解凍して、そのまま食べるのがおすすめです。すでに火が入っているので、鍋に入れたりすると硬くなります。生の場合は、冷凍でも冷蔵でも、鍋に入れたり、焼きガニにしたりして食べるのがおすすめです。

活たらば蟹を通販サイトで購入すると、絵本に出てくるような「蟹」の状態で届けられます。料理人でもない限り、丸ごとの活タラバの調理がパパっとできる人は少ないと思います。

そのままの姿で、発泡スチロールの中に鎮座しているのを見ただけで、途方に暮れてしまいます。しかし、調理の仕方はそれほど難しくありません。つまり、脚を切り取って、煮るなり焼くなりすればいいのです。

蟹を裏返しにして、ハサミでふんどしを外し、内臓を抜きます。たらば蟹の場合、蟹味噌はまずくて食べれたものではないので、必ず抜き取るようにします。次に、甲羅を外してエラをハサミで取り除きます。そこまでできたら、脚を一本ずつ切り離します。全て料理バサミを使ってできるので、簡単です。
 
蟹しゃぶ、蟹ステーキなど、食べ方はいろいろありますが、シンプルに焼き蟹にするのが一番です。焼き蟹は、ガスレンジやグリルを使う場合と、ホットプレートで蒸し焼きにする場合があります。

パーティーでみんなで盛り上がりたい時は、ホットプレートをテーブルに出して焼くのがいいかもしれませんが、できればガスレンジの方がいいでしょう。

たらば蟹のトゲでホットプレートのテフロンが剥げてしまうかもしれません。ガスレンジとグリルの場合は、網わたしに並べて5~10分焼きます。

焼きすぎるとおいしくなくなるので注意して見守ります。ホットプレートの場合は、3~4分焼きます。赤くなったら少しの水を入れて蓋をし、3~4分間蒸し焼きにします。